便秘解消のお茶を徹底分析!!“商品力»口コミランキング

最終更新日時:2011/09/07

便秘の危険性について

ハーブティーだって便秘お茶

「便秘お茶は、薬みたいな味がしてあまりおいしくない。どうせ飲むなら、見た目もきれいで美容や健康にいいハーブティーや紅茶、中国茶がいい。」という人が多いのではないでしょうか。でもこれは大きな勘違いです。実はハーブティーや日本茶、中国茶、紅茶も便秘お茶の一種なのです。便秘お茶は昔の人が自ら飲んで試した実体験を元にした健康療法が伝わったものです。古くから民間療法として薬効があるといわれる植物(薬草)の葉や、花、果実、根、種などを乾燥させたものや、粉状にしたものなどを煎じて、お茶のようにして飲んでいたのが、今日の便秘お茶なのです。だからハーブティーや紅茶、中国茶なども便秘お茶なのです。

紀元前から薬草は利用されていた

日本古来の健康茶といえば、ドクダミ茶などが知られていますが、最近ではカモミールやミント、ローズ、レモングラスなど、外国で古くから伝わる便秘お茶にも注目が集まっています。こうした植物の薬効が研究された歴史は古く、中国ではないかといわれています。今からどれほど前に、誰が飲んで、その効能などを試したかは定かではありませんが、唐代の陸羽という人によって著された「茶経」という書物の中で、茶の木の葉に薬効があることが記されています。また、ヨーロッパでも紀元前から植物の研究がされていたことが、文献にも記されています。

便秘お茶は食品?それとも薬?

薬効があるとされる植物の中には、薬(医薬品)と同じくらい効き目の強いものや、使い方によっては、人体に害を与えかねない植物もあります。日本ではあまりにも薬効の強い植物(植物によって全草の場合や、部位が異なる)は、薬として扱われていますが、効果がおだやかで安全なものは、食品として扱われています。即効性はあまりなく、効き目は穏やかですが、副作用がなくて誰にでも安心して使える便秘お茶は普段食べている食品と同じ分類になります。

健康ブームで注目される便秘お茶

会社と自宅の往復だけで運動不足、アフターファイブや週末は仲間と飲み会、休日は疲れて一日中家でごろごろ、おまけに食生活は外食ばかりで不規則の極み。こんな生活を続けているビジネスマンや若者が多いですが、最近は健康志向がブームとなり、さまざまな健康食品が人気となっています。中でも便秘お茶は、原料が天然成分でつくられているため、薬のような副作用もなく、安心して使えるうえに、コストも比較的安いのが魅力です。薬局、スーパー、デパートなので誰でも手軽に入手できるとあって、現代人の救世主として注目されているのです。