便秘解消のお茶を徹底分析!!“商品力»口コミランキング

最終更新日時:2011/09/07

便秘の危険性について

ハブ茶

ハブ茶は、北米を原産とするマメ科のエビスグサの種子から作られます。中国では「決明子」という名前の漢方として珍重され、便秘による肩こりを緩和し、眼精疲労などに効くとされています。主成分は、アントラキノン誘導体で、大腸内の筋肉が活性化して蠕動運動が促進されますので、便秘が解消します。また、便秘が原因のニキビ等の肌荒れやむくみにも効果的です。さらに疲労回復や腎臓強化、眼精疲労時にもおすすめです。慢性の便秘にお悩みの方は、お茶代わりの一杯として継続的に飲用するとよいでしょう。

アントラキノン誘導体

  • 腸の蠕動運動向上効果
  • 緩下作用
  • 利尿作用
  • コレステロール低下作用
  • 抗酸化作用

ビタミンA

  • 皮膚や粘膜の新陳代謝促進
  • 眼の正常保持

便秘解消

アントラキノン誘導体が腸の蠕動運動を向上させ、便秘を解消すると言われています。

高血圧改善

アントラキノン誘導体のコレステロール低下作用、抗酸化作用により血圧を正常に戻し、高血圧を改善するといわれています。

健胃効果

アントラキノン誘導体の働きにより、胃を正常に保ちます。

更年期障害改善

アントラキノン誘導体が更年期障害にともなう諸症状を改善するといわれています。

眼精疲労回復

アントラキノン誘導体が肝臓の負担を軽くし、肝臓からくる眼精疲労を回復させるといわれています。